実習設備

最新の歯科医療機器が勢揃い。
思う存分使ってください。

どんな学習設備、機器を使って学ぶかによって学びの習熟度が変わってきます。
名古屋歯科医療専門学校には、学生の学習をサポートする最新の歯科医療機器が揃っています。

最新設備を整えた環境で、デジタル技工の
技術と知識を身につけます。

歯科CAD/CAMが学べるデジタル専用教室

本校では東海地区の他校に先がけて、デンタルCAD/CAMがマスターできる専用のデジタル実習室を導入。講師のデモンストレーションに合わせて手元のPCで操作手順を体験・マスターできる先進の学習環境があります。CADでの歯科技工物の設計は、歯科技工の知識とスキルがあってこそ可能です。歯科技工士だからこそ専門性の高いデンタルCAD/CAMを駆使できるのです。

歯科CAD/CAMとは?

これまでの石膏やワックスによる手作業に代わって、特殊な計測器やカメラで測定した数値をもとに、コンピュータを使って歯型を設計。
このデータを金属切削やセラミック加工の装置に転送して自動加工が行えるシステムです。
コンピュータで正確・精密な設計を行い、加工作業も自動化でスピーディーに行える歯科CAD/CAMは、歯科技工士の負担を軽減。その分、歯科技工士は高い技術を要する仕上げや調整に集中でき、より患者さんにフィットした技工物が作れるため、これから導入が進むと予想されています。
歯科CAD/CAMのスキルを身につけておけば、将来の活躍分野も広がります。歯科技工士としての知識と実力を兼ね備え、歯型の計測や設計を専門に行う歯科CADオペレーターとして活躍するケースもあります。

MEISI自慢の整った環境

最新の設備、充実した学習環境で思う存分学べる空間を実現します。

技工机にはモニターを設置しています。先生の手元の様子が確認でき、実習もスムーズに行えます。

point

先生の手元がモニターに映し出される!

全てのパソコンにCADソフトをインストール。10台のパソコンを使用してCADの一連の流れの学びの実習ができる環境を整えています。

point

10台のパソコンに最新のCADソフトをインストール。

使う道具

実際に授業で使う道具たち!この道具を使って、実習を行っています!

インスツルメントセット

ワックス形成や石膏彫刻などに使用します。それぞれの用途に合わせて形状が異なります。

プライヤー

ワイヤーを曲げる際に使用します。使用しやすいように先端は本校オリジナルの形状です。[MEISIオリジナル]

彫刻のモデル

彫刻をする際の見本となります。全く同じになるように彫刻を行います。

ノギス

物の厚さを正確に測ることができます。輪になっている部分も尖っている部分も使えます。

咬合器

模型上で顎運動や咬合のさまざまな位置を再現する装置です。

ハンドピース

小型のモーターが内蔵されています。用途に合わせて軸の先を交換して使います。

ハンディトーチ

金属やワックスを熱する際に使用します。卓上で使用できるタイプです。

ラバーボウル

石膏などを混ぜる際に使用するゴム製の容器です。柔らかいため、うまく混ざります。

体験イベント 資料請求